体重を測る

カロリーの概念

ダイエット管理

リバウンドしないダイエットとは、とどのつまり毎日の摂取カロリーを減らして、一日の消費カロリーのほうが大きい状態に持ち込むことに集約されます。
そして、目標到達のためには一日の摂取カロリーと消費カロリーのバランスを計算して目標設定をすることが必要です。
目標体重と期限だけを決めて摂取カロリーを制限するだけでは、必ず無理が生じます。
ダイエットにいくら成功したとしても、簡単にリバウンドするのはこの計算ができないからです。
また、無理のある摂取カロリーの設定ではそもそも苦しすぎて続くかどうかも怪しいです。
基本的な計算式を理解して、現実的に目標体重への達成ペースを考えること。
そのほかに、ダイエットに成功するための方法はありません。

リバウンドしないダイエットを行うために必要な知識に、体重1キロを減らすのに必要な消費カロリーの計算式を理解することは必須です。
そのために必要な数値が、体脂肪を1キログラム減らすには7200キロカロリーの消費が必要であるということです。
そして、それを達成するためには日割りで240キロカロリーを減らすことができれば十分です。

これだけの摂取カロリー量を減らすためには、白米150グラムを毎日削減できれば達成できます。
つまり、毎食少しだけご飯を小盛りにすれば、理論上では毎月1キログラムの減量ができます。
これが、摂取カロリーそのものを減らす方向で減量するときの基本的な計算です。

これに日々の運動をちょっと追加すれば、簡単に1日300から400キロカロリーのカットが実現できます。
無理な食事制限をしなくても、長期的な目線で向きあえば楽しくすんなりと痩せることができるということの理解は、続けるためにも欠かせません。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all リバウンドしないダイエットが管理ツールと考え方の切り替えで実現 reserved